日常のスタイリングを手軽にブラッシュアップするためのファッションテクニックを紹介します。

新型コロナウイルスは今なお社会問題となっているものの、各国での行き来がじょじょに始まり、日本でも入国制限が大幅緩和された2022年。時計業界でもまた、新作見本市や展示会がリアル開催され、各社が渾身の新作モデルを活発に発表しました。

さらにスイス時計協会(FH)によると、コロナまん延当時に大きく落ち込んだスイス時計輸出額が、2021年に史上最高となる223億スイスフランを記録したと発表。引き続き2022年も時計市場は力強く成長し、スイス時計輸出額は、2021年を大きく超えて最高値に付けると思われます。

そんな白熱の時計業界2022年、「最強」の腕時計はいったいどのブランドのどのモデルなのでしょうか。

この記事では、高級時計店で働く時計のプロ100人から、「今年最も傑作だと評価する腕時計」を調査しました!

ロレックス トゥールビヨン スーパーコピーミルガウス 116400-DZ

オリジナルのミルガウスはステンレススチール製ですが、ラベルノワールはこれにADLCコーティングでカラーをブラックに変更しました。時計のサイズは一切変更されていません。文字盤と針もオリジナルを使用していますが、文字盤については色が変更されロレックスの文字の下に”Label Noir”の文字が記載されています。また6時位置にはトゥールビヨンのための窓も開けられました。

ウブロ コピー ビッグバン ウニコ キングゴールドセラミック 441.OM.1181.RX

こちらはウブロ独自のキングゴールドケースに耐久性に優れたブラックセラミックベゼルを採用したモデルで、これまでの45mmケースから、3mmサイズダウンさせた42mmケース仕様です。
クロノグラフにはフライバック機能が付いておりますので、クロノ作動時に4時位置のリセットボタンを押すだけで、ゼロリセット&リスタートをおこないます。

オメガ スーパーコピー シーマスター ダイバー300 210.30.42.20.06.001

1993年に発表された【シーマスターダイバー300M】が25周年を迎えた2018年にフルモデルチェンジを果たしました。
文字盤とダイビングベゼルには耐久性に優れたセラミックを採用し、ベゼルのスケール部分には白さと耐久性向上の為に新たにホワイトエナメルを採用。
また文字盤には初代モデルにあったレザー加工の波模様を復活させています。
サファイアケースバックから覗く美しいムーブメントにはスイス連邦計量認定局(METAS)が認定したマスタークロノメーターのキャリバー8800を搭載します。

2024年ファッションの新定番
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ