日常のスタイリングを手軽にブラッシュアップするためのファッションテクニックを紹介します。

韓国 スーパーコピー東大門おすすめ優良サイト店。

価格は4400万円! グランドセイコーの“鼓動”をどう受け止めるべきか

グランドセイコー初のコンプリケーションウォッチが、2022年度ジュネーブウォッチグランプリにおいて「クロノメトリー賞」を受賞した。この快挙を、スーパーコピー 時計ジャーナリストの広田雅将が祝福する!

グランドセイコーの名に恥じない傑作
2022年の大きなトピックのひとつは、グランドセイコー「Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン」の発表だった。時計の精度を高めるためのトゥールビヨンに、主ゼンマイのトルク落ちを防ぐコンスタントフォースを加えたこのモデルは、トゥールビヨンのひとつの完成形といっていい。

22年の春に発表され、話題となった本作は、時計業界のアカデミー賞とも言われる「ジュネーブウォッチグランプリ」で「クロノメトリー賞」を受賞。21年に「メンズウォッチ賞」を得たグランドセイコーは、機械式時計の「本丸」とも言うべき、トゥールビヨンでも世界的な評価を受けたのである。「オトナの世界」であるジュネーブウォッチグランプリで、れっきとした賞を獲ることができたのは、製品がユニークなればこそ、だろう。

筆者は昔から、Kodoを設計した川内谷卓磨さんを知っていた。グランドセイコーに面白いモデルを出さないんですか、と聞くたび、いやぁと言葉を濁されたことをよく覚えている。完成後に「言いたかったけどようやくできました」と漏らした彼は、当時からKodoの設計に携わっていたのである。なるほど、うかつなことは言えないはずだ。

川内谷さんたちのチームが作り上げたKodoは、グランドセイコーの名に恥じない正確な時計だ。しかも、この時計は聴覚にも訴えかける個性を持っていた。ゼンマイのトルクを一定に保つコンスタントフォースは、一定のリズムで力を解放する。その作動音を、刻音、つまり機械式時計のチクタク音と完全にシンクロさせたのである。筆者の知る限り、音まで考えられた機械式時計は、たぶん、ベアト・ハルディマンのトゥールビヨンと、本作があるのみだ。チクタクチクタクシャキン、チクタクチクタクシャキン、という精緻な音は、機械好きにはたまらないものだろう。あるコレクターは、この音だけでお酒が飲める、と語った。筆者もまったく同感だ。

0 thoughts on “価格は4400万円! グランドセイコーの“鼓動”をどう受け止めるべきか

  • ミナセは日本の腕時計ブランドで、シンプルで洗練されたデザインが魅力です。

  • アヴィレックスはアメリカのファッションブランドですが、時計も展開しています。

  • オメガのラバーストラップは、スポーティな雰囲気と快適な装着感を提供します。

  • 高級掛け時計は、インテリアにもなる美しいデザインと高い時計技術が組み合わさったアイテムです。

  • 腕時計 レトロ は、レトロなデザインを持つ腕時計に関する情報を指します。

  • 2023年に発表されたモノトゥールビヨン以来となる、ロジェ・デュブイとタトゥーアーティストのDr.ウーによるコラボレーションモデルが登場する。「エクスカリバー

  • 円安やインバウンド景気、続くコロナ禍における消費の受け皿として、急激な右肩上がりを続けてきた高級腕時計の実勢相場。しかしながら一転、2023年5月あたりから、高騰相場を牽引してきたロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲなどといった人気ブランドの価格が下落傾向を見せておりました。そのため最近では、「さらに相場が下がっていくのでは」「暴落していくのでは」などと囁かれており、人気商材の買い控えが業界では懸念されていたものです。

  • 高級時計には様々なケース素材が使われています。ステンレススティール・イエローゴールド・プラチナ・チタン。それぞれに特徴があり、使われている素材によって時計の個性が決まるといっても過言ではありません。そこで今回は時計に使用される素材を徹底的にまとめてみました。この記事を一読すれば、時計に使われる素材の大半について知ることができるでしょう。

  • IWCのヴィンテージ・インヂュニアが来日 一部はプレオウンドとして販売(編集部撮り下ろし) より:

    一貫して耐磁性能を誇ってきたインヂュニアの歴史を紐解く特別なイベントが開催予定。そこに集結する全モデルをご紹介。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2024年ファッションの新定番
ルイヴィトン 偽物
シャネル 偽物
グッチ 偽物
クロムハーツ コピー

ジョニー・デップが愛用する2024年のトレンドを反映したファッションアイテム。
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
タグ